« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

またまた天神芸術学校

昨日は、日仏学館の館長ドミニク・リュイエ氏による、コンテンポラリーアートのお話だった。美しいフランス語を聞きながらウトウト。。。でも中盤からなかなか面白くなってきた。いろいろな作家の紹介があったが、フランスの作家ORLANの話に熱が入った。来年、福岡で展覧会を考えているそうだ。

日本にはなじみのないアーティストだ。自分の体を麻酔をかけずに手術したり、手術中のの包帯をオブジェにしたり、、というような強烈な作品を紹介されて、けっこうびっくり。でもホームページを見ると印象も変る。ぜひご覧ください。 http://www.orlan.net/

リュイエ氏は大学で哲学を専攻していたそうで、その話も少し。

聴講生から、「影響を受けた哲学者とその言葉」という質問があった。プラトンとキエルケゴール。言葉そのものではないが、キエルケゴールの哲学として、「生きているという実感がなければ生きていることにならない」という考え方を紹介された。

この言葉と対照的なのだけど、「緩慢的自殺」というのがある。何かの小説で読んだのだけど、自殺はしないけれど生きていることを否定して、ただ死に向かうために生きている、ということだ。

ん~、深い。そういえば高校生の頃、哲学書なるものをたくさん読んでいた。キエルケゴールはもちろん、カント、ニーチェ、ショーペンハウエル、、もう名前も思い出せないし、中味にいたっては、記憶のはるか彼方。「生きるとは?」なんてのを好んで読んでいた時期をふと思い出してしまった。

さて皆様、生きている実感を感じることができるような生き方をしましょうね。(ぴの)

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2006年2月27日 (月)

お雛様

Hina2_1 姪っ子の1歳の誕生日兼お雛様のパーティを、ここサン○レスホテルの和室宴会場で行った。お雛様メニューってないのだけれど、調理長にお願いして作ってもらったのが、この写真。他にも春らしい木の芽の天婦羅やちらし寿司。家族も大満足! Hina1_1

調理長は、たぶん社内一かっこよく人望も厚い「板さん」って感じの素敵な人で、sunlog管理者「まるふ」の憧れの人でもある。あんなふうにかっこよくスタッフに慕われたいけど、細胞が違うと自己分析。ん~、まあね、と納得。ま、まだまだ時間はあるから精進してね。

(びの)

| | コメント (4) | トラックバック (25)

2006年2月24日 (金)

おめでとう金!

良かった!荒川静香!すごい・・・朝から感動しました。ひとつひとつ丁寧に、今までやってきたArakawaことを、こんな大舞台で出せるなんて。

スルツカヤが転んだのも初めて見た。あんなに何事にも動じないような堂々とした滑りだったのに。やっぱり五輪って・・・五輪って・・・。

私は村主さんも個人的に好きだったので・・・メダルあげて欲しかっSuguri_2た・・・。曲が鳴り始めると表情が変わって、見ている側がグゥ~っと引き込まれる感じ・・・。う~ん惜しい。 (ちび太)

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2006年2月22日 (水)

亜橋

家の近くに「コマーシャルモール」ができた。ユニクロ、ネットカフェ、TSUTAYAなどが入っている。TSUTAYAの中には「スタバ」が入っていて、コーヒーを飲みながら本が読めるし、けっこうおしれな空間になっている。

その隣に、カレーでちょっと有名な「亜橋」が入った。ここは、当ホールの次期支配人・Mお薦めのお店。で、昨日の晩御飯はカレー。ひとりでカレーもなんだな、と思ったけれど。

Nan_1

見て見て!この「ナン」の大きさ。顔くらいあって、しかも美味しい。この日は、野菜カレーにナンとサラダのセット、990円。辛さは「普通」を頼んだら、ちょっと物足りなかったので次回は2倍にしようと思う。種類がとっても多くてどれもおいしそうなので、通ってしまいそうだ。   (ぴの)

| | コメント (44) | トラックバック (2)

2006年2月21日 (火)

プロミス

Nicholas プロミス・・中国語タイトル「無極」 むむむ、、おもしろくなかったのは決して真田広之のせいではないと思う。。。。ニコラス・ツェーは美しかった。  以上。 (ぴの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うっま~い!

F君が「由布院に行ってきたのでお土産です」とB-SPEAKという所のロールケーキをくれた。ナイフで切るのも大変なくらいふわっふわ・・・。一口食べて

「うっま~い!」

ミルクの味が見た目と同じくふわっとして、甘すぎず、軽い口当たり。こ、これは一本いけるっ!確信。

「どこでこんな情報を仕入れるのだ、おぬしなかなかやるな・・・」と思って聞くと、「結構ウォーカーとかにも載ってて有名ですよ」

知らなかった・・・。

平日の午前中にでも行列ができているらしい。(ちび太)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

社長がチカンで捕まった!?

今、まさしくたった今!ボスの自宅に振り込め詐欺が電話をかけてきている!

おもしろい・・・おもしろすぎる・・・

ボス父「お前がチカンしたからって振り込めって・・・電話かかってきとるぞ」

ボス「はぁ?今?仕事しとるよ」

ボス父「そうか・・・今電話つながっとる」

・・・

本物は初めて聞いた。おもしろかった。でも、しばらくボスは、「交通事故」とか「横領」とか今いろいろあるのに、なんでよりによってチカンなんだ・・・とぼやいてました。ちなみにボスはご両親と話すときだけ、博多弁。これもまた違和感あって、ひそかにおもしろい。

(ちび太)

| | コメント (1) | トラックバック (7)

2006年2月19日 (日)

今日はブライダルフェア

今日はプチブライダルフェア。

1ヶ月に1回披露宴会場のコーディネートを紹介したり、ドレスの試着や撮影会をやっている。

いつも、準備期間が短く集客が伴わないのが悲しい・・・。2006_02190015

今回は4つのパターンでコーディネートしてあった。白を基調としたバラのコーナーと高貴なイメージの紫で固めた「和」のコーナー。黒でモダンでシックにまとめたコーナー。それから若々しいオレンジ系の花やクロスでコーディネートされたコーナー。結構なんでもいける会場じゃない!?うちって・・・。

(ちび太)

| | コメント (193) | トラックバック (0)

天神芸術学校 その2

昨日、天神芸術学校で、水戸芸術館のキュレーター森 司さんの講座に参加した。キュレータ-って・・・?アートに興味があるだけで何の知識もない私が参加するのも、と思ったけれど、それはそれは楽しい刺激的な時間をもらった。

作品の見極め方、みたいな専門的なことを交えながら、アートの楽しみ方、展覧会の楽しみ方など普通では聞けない話がたくさん。

茨城の水戸芸術館の人と普通にはまず出合わない。講座が終わった後もお茶を飲みながら、建築家、若い画家の卵、アートリエのスタッフ、いろんな人といろんな話をした。出かけなければ出合う事もないから、せっせと時間を作って出かけよっと。

記・ぴの

| | コメント (418) | トラックバック (19)

2006年2月16日 (木)

本日のお仕事

ボスから、

「HPのホールのページもっと写真を増やして」

って軽くサク~っと言われていたので、ホールの使用予定の入っていない今日、ホール担当のMの力を借りつつ撮影した。うちにあるデジカメで私が撮るくらいでいいのかぁ~なんて思いながら撮ったけど、まあまあなので、アルバムにしました!

でも面白かったのは、反響板が天井から両横が3枚ずつ、上が2枚、正面が1枚ウィーンって降りきて合体ー!するとこ。うーん・・・伝わらないだろーなぁ・・・

2006_02160050 2006_02160051  2006_02160065

完成~!

(ちび太)

| | コメント (75) | トラックバック (0)

泣きそう・・・

今朝、イヤ~な気持ちになる記事を見つけてしまいました。

少年3人、ウサギ蹴り殺す サッカー遊び「面白半分やった」

内容は時々ある動物虐待です。毎回この手の弱い者が対象になる事件は、本当に悲しくなりますが、今回はそのウサギを飼育していた小学校の子供たちも可哀相で・・・。

ウサギがいなくなってから、手作りポスターを周辺に貼ったり、先生から「いつかは帰ってくる」「どこかで飼われている」と励まされながら・・・必死に探したらしい・・・。

今回少年3人が動物愛護法違反で逮捕されて、ウサギが「帰ってこない」ことも「どこで飼われていない」ことも子供たちにわかってしまいます。きっと知らなくてもいい、惨い事実まで知ってしまいます。

身近な死という体験も、命の大切さを知るためには、必要なことだと思うけど、こんなは知りたくない。

(ちび太)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

Bon vin van

久しぶりに大橋の「赤木酒店・Bon vin van」に出かけた。

私のお気に入り角打ちバー。お酒屋さんの奥がバー・スペースになっていて、シャンパンから日本酒、焼酎まで「1杯いくら」で飲める嬉しいお店。立ち飲みなので、食事はないけれど、けっこうボリュームのある品が揃っている。チーズやコンフィがあるかと思うと、絶品の塩辛があったり干物があったり。しかもシェフは美形のフランス人。この日はポトフ(500円)が実に美味しかった。

Champane この日は、いつも大酒を振舞ってくれるボスと一緒。でも、バレンタイン前日ということで、私からこころばかりのお礼のシャンパン。

会社を出たら、あまり仕事の話をしないことにはしているけれど、この日は音楽事業の話で盛り上がった。ボスの頭の中には壮大な構想ができてるらしい。まるふまめの両氏に期待!

(記・ぴの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

めざせ!バンクーバー

1位 ジェニファー・ハイル(カナダ) 26.50
2位 カーリ・トロー(ノルウェー) 25.65
3位 サンドラ・ラウラ(フランス) 25.37

5位 上村愛子(日本) 24.01
なぁ~んでぇ!?コークも決まったじゃない。やっぱりスピードなのか。エアを決めてもスピードでそんなに点数差が出てしまうものなのか。確かにジェニファー・ハイルのターンとスピードは素人目にも「スゴイ」っと思ったけど・・・後はどーなの???う~ん悔しい。

「3回目のオリンピックで、ひとつずつ順位も上がってきているので・・・」って本人が言ってるから、(なんて、前向き)次はきっとメダルだね。

ガンバレー愛子!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

天神芸術学校 (ぴの)

昨日、リバレイン・アートリエで行われた、天神芸術学校の入学式に行ってきた。Musiam city project の一貫で、将来福岡にアートセンターを作るため、人材育成をするということだ。

福岡市は、なぜだか文化度が低い、と聞く。芸術が育たないらしい。観る人間も少ないので、運営する側も少ない人数で済み、それだから人が育たない、、みたいな悪循環らしい。

なんといってもわが社では、音楽開発プロジェクトを旗揚げしていることだし、これは先々いろいろと協力できたり、楽しいことを一緒にできるかもしれない。フィールドが違う人たちと話しをするのは楽しい。とても刺激的だ。私も眠っていた「作りたい!」っていう気持ちが少しでてきた。さて、誇りだらけの織り機でも掃除するか。。。。

って考えながらアートリエを出ると、そこには「エノテカ」が、、、ついついワインを2本買ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サディスティックミカバンド (ぴの)

再々結成しているらしい。ヴォーカルは木村カエラ。

17年前の再結成時のヴォーカルは桐嶋かれん、、、カエラと雰囲気が似ている、、あのロックオジサマたちはこのタイプが好きなのか?!

ミカバンドといえば、日本のロックの創始者みたいなもんだ。加藤和彦、高中正義、高橋幸宏、小原礼、、、高橋はその後、坂本龍一やはっぴいえんど(松本隆とかいたのよねえ、、確か)の細野晴臣とYMOを結成するし、高中はソロで活動するし。70年代の日本のロックシーンを変えたミュージシャンたちだ。

私は高校2年の時、体育祭のチアガールをやった(うぁぁぁ、恥ずかしい)。その時の曲がミカバンドの曲。どう考えても、チアの曲ではないんだけど、ロックに萌えてた男の子たちが、応援団をつとめたものだから不思議な選曲になってしまい、、まあ、そんな一風変った学校だったんだけど、、、

で、ミカバンドのツアーのうわさ。もし、ツアーをするなら、規模を考えるとここのホールだ。たぶん、ここだ。ここであってほしい!ツアー情報待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

マティーニ(うぉーくまん)

マティーニを飲んだ。
いや、正確には「飲んでみた」のほうが正しかろう。
もっぱら居酒屋で『いも焼酎』スタイルの自分が、
バーなんぞに足を踏み入れたのは、弊社社長と飲みに行った時のこと。
もちろん興味はある。
しかし、ずらりと並んだメニューを優雅に眺める余裕は無い。
知らない、知らない、知らない、知ってる、知らない、知らない、、、
選択肢も無い。
「ま、マティーニ。」
瞳孔が開ききった目に飛び込んできたのがマティーニだった。
聞いた事がある。
ジンベースだ。ジントニックは飲んだことがあるぞ。
確か飲みやすかったはずだ。うんうん。
「ドライでよろしいですか?」「はい」即答。
男はやっぱりドライだろう!某ビールのCMが浮かぶ。

そして出てきたのは2つのグラス。・・・はい?
1つには透明の液体。そしてもう1つには淡褐色の液体のなかに
串に刺さった実のようなものが漬かっている。

・・・ちょっと待ティーニ。どっちがマティーニ?

後で分かったのは、その店は粋な店で、完全ドライなジンと、
ベルモットに浸したオリーブを別々に提供していたのだという事。
相当迷った挙句に透明な液体を選び、
ピリピリして喉を熱くしながら、ただのジンを飲んでいる僕に
社長はチェイサー(水)を頼んでくれましたとさ。

なんで水が追跡者やねーん!
水すらもおちおち頼めんわー!!

あくなき探求はまだまだ続く。。。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

犬神家の一族 (ぴの)

話題になっている。なんでいまさら30年振りに、市川昆監督と石坂浩二の同じコンビでリメイクするんだ、と。確かに。

Photo_4 30年前、横溝正史がブームになった。それまで外国の推理小説を読み漁っていた私には却って斬新でおもしろかった。映画も豪華で、耽美的でいい映画だった、ように記憶している。

市川監督は御年90歳。大丈夫なのかなあ、映画の製作現場ってハードと聞くけど、ここは監督に合わせたスケジュールなのかなあ、と私がする必要もない心配をしてみる。いまさら、とも思う反面、キャスティングに興味がわく。もう、この話題作なら豪華キャストでやってほしいな。

公開は来年になるそうだが、怖いものみたさで行ってみるとするか。

| | コメント (123) | トラックバック (0)

わくわくトリノ♪(ちび太)

はぁ~・・・いよいよトリノ五輪です。ワクワクしてきました。考えるとやっぱり冬季五輪のほうがスキ。雪があるからぁ

昨日、上村愛子を応援するっと言ってから、ますます気分が盛り上がり、新しい板まで欲しくなってきました。イヤイヤ先にブーツかも・・・?といっても最近はめっきり滑らなくなって「道具の持ち腐れ」になってしまいそうですが・・・。

今日の午後は、外出でF取締役とケーキばっかり食べました。なぜならば、それはケーキバイキングの現調です。Oホテルの出すカフェでの2000円・時間無制限ケーキバイキング。・・・の予定でしたが、予約で夕方までいっぱいとのこと。

仕方なくその同じフロアのオープンカフェで、Okura_3

●杏仁豆腐とコーヒー

そして、場所を変え、Oホテルのロビー横のカフェで

●ケーキセット

もたれる・・・苦しい・・・。

もともと、私は甘いものも大好きだけど、どちらかというと珍味がスキ。

珍味バイキングとか・・・のほうがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金蛸ダイニング (ぴの)

「ロンツとちび太その夫と私」 の4人で食事をした。毒舌の4人が集まって話した内容は、皆様の想像にお任せする。多分、掲載禁止用語が多発しているはずだ。

But これは、お店を出るときにとった写真。陶器、と思われるブタ。酔っ払うとなにかしら、わけのわからない写真に次の日悩まされる。でも、このブタはなかなか気に入っている。

中州に位置して、交通の便がよく、美味しいお店だった。と、同業者をここでほめても仕方ないのだが、ひとつひとつの器やお料理に気配りがあるのは嬉しい。ちび太が3ヶ月くらい前に忘れていった小物入れもちゃんと保管されていた。

仕事柄いろんなお店に出かけるが、何を食べても、どんなサービスを受けても仕事モードになってしまう。時には引き抜いてしまいたいスタッフにもお目にかかる。

さてと、社員諸君、引き抜かれるくらい素敵なスタッフになってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

トリノオリンピック(ちび太)

もうAikouemura2_1すぐオリンピック。私はモーグルが楽しみ!

特に上村愛子選手。長野五輪の頃スキー雑誌を見て、「かっこかわいい~!」って思ってたけど、そんな彼女も、26歳。その間にエアもどんどん進化し、今では3Dなんて、足にあんな長いもの着けて、ジャンプして宙返りして、えぇぇー!?どんな格好???の世界です。ちなみに私は、ジャンプするつもりもないのに、コブに弾かれ、地べたでんぐりがえりを何回転もし、生意気にも上げていた開放値のためか板が外れず【靭帯断裂・半月盤損傷】なんて経験をしたことがあります。なので、もう飛べません・・・いえ、始めから飛ぶつもりは・・・。

とにかく上村愛子の滑りがスキ!キレがあるけど荒っぽくなく、エアの着地なんか決まるとこっちが気持ちよくなるくらい・・・。

そんな私はもう2年滑ってない。雪山に行きたくて、行きたくてたまらないのに、ちょ~っと怖くて尻込みしている今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年2月 8日 (水)

ミュンヘン (ぴの)

ミュンヘン」 重たい映画だった。1972年ミュンヘンオリンピックのテロ事件を事実に基づいて製作されているスピルバーグの映画だ。約3時間の大作。この時期に、この映画をとったスピルバーグ、、世界中で波紋を呼んでいる。

1972年、何も考えずに学校に通ってたなあ、政治意識の薄~い私には、この事件の記憶すらない、、恥ずかしい。ユダヤ、イスラエル、アラブ、モサド、KGB、、、とたくさんの国や国家機関の思惑が描かれており、ましてやベースがキリスト教・ユダヤ教なのでいまいちピンとこない。このあたりは勉強不足で苦手なジャンルだ。私だけでなく、かなりの日本人にはわからない部分じゃないかなあ、とも思う。

が、映画としてはとても良く出来ている。なんといってもキャスティングが素晴しい。俳優さんということを飛び越えて、もう実在の人物に思えてくる。脚本もいい、不自然さが感じられない。残虐なシーンが多いし、最後になげかけられるテーマも重いが、家族愛や仲間との葛藤も描かれており、見ごたえも迫力もある。

いい映画だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

ぷちへぇ~なこと(ロンツ)

先日友人と小旅行に行って来ました(といっても女4人・・・)。その時に立ち寄った「羽犬塚駅」でちょっと面白い物を発見!

地名にしては面白い名前だなとずっと思っていたのですが、やっと理由が判明!その名の通り羽の生えた犬がいたんですよね。

060204_141116 壁から出てきてるような像だけど白いのが羽です。ちなみに駅の正面からだと、お犬様のおしりだけ壁から出てるので、はっきりいってなんなのかよく分かりません。。。ちなみにこの像のモデルは秀吉の愛犬だとか。羽が生えたように飛ぶ(?)ところからこのような像になったそうです。秀吉が九州遠征の時、愛犬がこの地で敵の矢にあたって死んでしまったため、塚を作り弔ったことから「羽犬塚」という地名になったとのことでした。

普通の何もない駅だったけど、ちょっと楽しめる場所でした。会社の近所にも知らないだけで、このような面白いものがあるのかも!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

ジョン・レノン (ぴの)

先月、三越で開催された「ジョン・レノン写真展」に出かけた。

John私の音楽の出発点はBeatlesだ。中学2年生の時にクラスの男の子たちがなにやら洋楽の話で盛り上がっていて、それがBeatlesの「Hey Jude」だった。(今思えば、この盛り上がっていた中にうちのボスがいた。)すぐに、はまった。解散して一度目のブームの頃だと思う。私のアイドルはGeorgeだった。とにかく夢中になり、Georgeに会いにイギリスに行く!と思い込み、おかげで英語だけは成績バツグン。まあ、カワイイもんだよね。

それからBeatlesを聴き続け、高校生になって、British Rock, Progresive Rock と幅が広がり、高校を卒業する頃にはJazzを聞いていた。その頃は郷ひろみや西城秀樹なんかが全盛だったが、私はアイドルなんぞは鼻で笑っていた。Deep Purple や Crimson King を聴いていた私にはチャンチャラおかしくて聴くに耐えなかったんだもんね。

同じ頃、福岡は「日本のリバプール」と呼ばれ、音楽喫茶「照和」からチューリップや甲斐バンドが東京に進出していった。アイドルをバカにしていた私もさすがにフォークは聴いた。その時代に福岡にいたことを幸せに思っていたうちのひとりだ。

そんな環境で育った私だから、この場所が福岡の音楽情報の発信地になれば素敵だと思う。

一緒に写真展を見に行った彼女とは高校の頃のBeatles仲間だ。彼女もバツイチで、バリバリ仕事をして、いまでもコンサートに一緒に行く。定年後はふたりでリバプール・ツアーをしようと企んでいる。ところで、Johnは、かっこよかった。彼が死んでしまったときには少なからずショックだったけれど、その彼の年齢もいつの間にかすっかり超えてしまったことに気がついた。ビミョー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新しいコト(まるふ)

午後からヴァンズエンタテイメントさんと打合せ。
先日顔合わせ済みのF川さんから、エグゼクティブ プロデューサーのK須さんを紹介して頂いた。

その風貌(一見するとヤ○ザっぽい…)からは想像しにくい物腰のやわらかさにビックリしながらも、今の音楽業界に対する希望と不満、今後の展望など、有益な情報の交換をさせてもらった。
これから取り組む「音楽マーケット開発」に対する賛同も得られた(ココが一番のキモだもんね)。というコトで一安心。

せっかくの財産である大ホールも使わなければ宝の持ち腐れ。逆にホールのみに依存した事業展開では将来は暗い。ブランドに胡坐をかいている時代はもう終わり。
新しいコト初めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

デジカメガネ(うぉーくまん)

今日のSun+logは、当施設の自慢のひとつ、
展望レストランの夜景でもお伝えしようか
と思い、おもむろに社用のデジカメに手を延ばし・・・
無い。デジカメが無いっす。

     現場確保。

Photo_3どうやら充電中のところを
何者かが持ち去った模様。
管理体制の不備に、総務として
少し反省。
まぁ、明日には出てくるさ・・・

注)この画像は、携帯のカメラで撮ったものです。
  なくなったデジカメで撮ってたら阿呆やな。
  おでこのメガネに気づかずに、「メガネ メガネ」
  って言ってるみたいなもんやで。ホンマ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

オリバー・ツイスト(ぴの)

昨日、仕事帰りに観にいった。ロマン・ポランスキーの監督作品だし、ちょっと期待。私は、残念ながらこの名作を読んでいない、、、ストーリーを知らない。でも、名作だよな、、確か20年くらい前、マーク・レスター(小さな恋のメロディの主役)主演で上映されたような気がするんだけど、見てないしな、、、と思いつつキャナルへ。

Img3aもしかしたら原作は素晴しいのかもしれない。でも、、、、、。孤児でかわいそうな無垢な少年が、その哀愁をさそう美貌のために数奇な運命をたどり、お金持ちのオジサマに救われ、窃盗集団から抜け出し、、、、幸せになる。ん?そのために、窃盗団を密告した優しい女性は殺されるし、窃盗団にいたほかの同じく孤児の子供たちのその後はたぶん牢獄行きだし、、、なんか腑に落ちない。原作を読んで見なければ、どうにもわからない。

ところで、キャナルの映画館は、AMCからユナイテッドに変ってから、ちょっとおもしろい。本編の前の宣伝が、映画のCMだけではなくTV番組の宣伝なんかも入る。これはかなり画期的。映画館のCMといえば、「ナーナック」か「愛眼」か、、ってとこだもんね。昨日は、結婚式場のCMも2本。うちのコンサートホール・ウェディングなんか出したらインパクトあるだろうな、、、いくらかかるんだろうな。だって金曜の夜の映画館って8割はカップルだもん。

ところで、キャナルシティ・ユナイテッドは2月7日~14日まで、バレンタインフェアで、終日女性は1000円、女性と同伴の男性も1000円だって。皆さん、お誘い合わせの上、お出かけ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

荒れています(ちび太)

200602031430 み、みんなが荒れています。ワサワサ集まってきて、毒を吐いてます。

怖・・・

荒れる理由もわかるだけに、怖いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ソリューション(まるふ)

ファイルメーカー社による”FileMaker Solutions Seminar”の二回目が福岡天神のアップルストアで行われました。

Photo_2 Apple好き、FileMaker好きのまるふとしては是非に参加しなければならぬセミナー。
早速、社内でもFileMaker Pro8に興味をもつメンバーと共に天神のストアへ。平日の19:00からの1時間、導入事例紹介をメインとした内容。メール関連のプラグイン、FileMaker Pro単体でのグラフィカルなグラフ作成の紹介など、興味深い内容でした。

FileMaker Proでのデータベース作成はスキルと導入コストの敷居の低さが特徴。しかし、ハマッて作りこめば不可能はない、と思わせる魅力に溢れたソフトウェアでその奥は非常に深い。

ソフトウェアを使うと何ができるのか!?
ではなく、
ソフトウェアを使って何がしたいのか!?

ソフトウェア(概念)は千差万別で正解が存在しない。仕事も人もソフトウェア(行動、思想)無しでは成立しない。

正解はない。だから立ち止まらず常に自分というソフトウェアを更新したい。

…なんて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

音楽マーケット開発プロジェクト(ぴの)

まるふクン、おめでとう。新規プロジェクトのリーダーですね。っていうか、カミングアウトってとこですね。ボスのもとで、しっかり働いてください。

もともとこの施設は、西日本最大のホール。そして福岡はかつて「日本のリバプール」なんていわれた場所。今もたくさんのアーティストを輩出している。ミーシャ・椎名林檎・氷川きよし、あゆ、古くはチューリップ・海援隊・甲斐バンド、ジャズも盛んだし、きりがない、、、これからの可能性も秘めている。

最近は、ZEPPにACROSなどのホールやライブハウス。たくさんの箱ができたけど、音楽って決して「箱物」ではないし、人が集まれば音楽がある。それに今はネットの時代。世代や言葉の壁も超えられる。

楽しいことができて、集まって、発信して、そんな施設、会社、うーん硬いなあ。。。音楽電脳集団をめざしましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 1日 (水)

またまた やってしまった・・・②(ちび太)

仕事終了後・・・

10Fの展望レストランに、「今日は軽くビールとパスタかなんかで」って約束で、みんなで上がったのに・・・。

なんだかとっても盛り上がってしまい(若干2名二日酔いだった)、気づいたらいつものごとく、そこにはやきいも黒瀬のボトルが~

Laputa_1

途中までちゃんと地下鉄で帰れそうなかんじだったのに・・・。

そのうち店じまいをしたシェフも加わり、さらに盛り上がり・・・。

この日3回目の試食。「ビーフシチュー作ったんやけど~(関西弁)」

「はい。喜んで!いただきます!」

23:30頃に・・・。(おいしかったんだけど)

そこはお仕事。酔っ払っていても(がんばって)率直な意見を述べさせていただきました。

そして

ボトルが空になったので帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »