« なかなか・・・ | トップページ | えこひいき »

2006年3月12日 (日)

片思い

と、いっても私の思い出話ではないから、心配しないで。東野圭吾の作品です。

彼の作品は、どれも読み出したら止まらない。昨日休みだった私は、お昼過ぎに「片思い」を読み始め延々4~5時間、ひたすら読み続けました。よかったですねえ。意外な展開の推理小説的な面白さはもちろん、登場人物のそれぞれの思いがしっかり描かれているので、読み応えはたっぷりです。

最近、「容疑者Xの献身」で直木賞を獲得。この本もとて~も面白かった。犯人は最初からわかっているのだけれど、最後の最後までトリックがわからない。私が今までかなりの数読んだ推理小説の中にも出てこなかった(気がする)驚きの結末。かなりお薦め。

「白夜行」「秘密」「片思い」 そして、「容疑者・・」とこれまでに7.8冊読みましたが、彼の作品に共通するのは、相手(恋人や友人であったり、家族であったり)を守るための痛々しいまでの想い。ほんとに痛々しいのよォ。。。

こうやってどっぷり1日本に浸るのは、私の休日の楽しみです。(ぴの)

|

« なかなか・・・ | トップページ | えこひいき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33039/1007702

この記事へのトラックバック一覧です: 片思い:

« なかなか・・・ | トップページ | えこひいき »