« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月23日 (日)

最近のみんな

Stage24月は我がコンサートホールは催し物が目白押し、今日はマーチングバンドの演奏会。ホテルでは婚礼も行われ、人がいっぱい。

だからかなあ、忙しいのかなあ、ブログ書かないしコメントもない。。。と、ほんとの理由は「飽きっぽい」からだと読んでいる。このブログのメンバー、年齢・経歴がバラバラなんだけど、共通点は「飽きっぽい」ことにある、と私は勝手に思っている。苦手なのは、ルーティンワーク。欲しいのは、おもしろい仕事、刺激的な日々、そして新しいものが大好き。あっ、「うぉーくまん」だけ飽きっぽくないかもね。

ところで今、ミュージックコンプレックスのメンバーは、8月の自主イベントに向けて奔走中と聞いております。まさしく、おもしろい仕事ですね。ルーティンワークをこなしながらの日々、オツカレサマでございます。私も、その日を楽しみに地味にルーティンワークの日々を過ごします。

ところで私もipodデビューをいたしました。nanoだけどね。楽しい!これで、道々音楽を楽しみながら通勤できるというもの。  (ぴの)

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2006年4月19日 (水)

Pe'z

Best_main_1

経理・F田くんお勧めの Pe'zのライブに行ってまいりました。いやあ、よかったよ~、カッコイイ。

FankyでJazzyでHipで、、、私の好きな音が詰まってる感じ。聞いたこともないのに、「スカパラみたいでかっこいいですよ」という、F田くんの一言で、ノリで買ってしまったチケット。行く前に落としてもらった音で予習。

会場は「クロッシングホール」オールスタンディングで1ドリンク制。ビールで勢いがついて最初っから体が揺れっぱなしでした。やっぱりライブだよねえ。CDで楽しむのと違って、なんていうか、体に波を受けるでしょ、アレがいい。

60過ぎても、FANKYにライブに行くオバチャンになってやる!  (ぴの)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

劇団四季【アイーダ】見てきました

アイーダ福岡公演初日、行ってきました。

Main_visual2

本格的なミュージカルを生で見るのは、初めての私。

初日ご招待(ボスが)を受けながらも「いいも、悪い」もなんとも分からない・・・。

なんで、あんな喋り方なんだ・・・?なんて最初は違和感ありながら、職業柄、舞台装置や仕掛けなんか気になりながら・・・途中からすっかりストーリーに入り込んで見ていました。

「アイーダ」って重たい物語というイメージでしたが、歌やダンスでおしゃれに、そして少し素敵なラブストーリー(?)になっていたような気が・・・します。衣装も演出もすごくきれいで、ちょっとしたファッションショーみたいな場面もあったりして。

カーテンコールも何度もあり、最後はStanding ovation。

その後、パーティはそれはそれは、すごい顔ぶれで、私なんかひとしきり挨拶をした後、サインもらっちゃおうかなぁ・・・なんてことばっかり考えてポーっとしていたら、役者さんから声をかけていただいたりして。

ホントに、ホントに私は役者さん誰ひとり知らないくらい、お芝居素人だったので・・・。劇団四季の役者さんってすごいなぁ・・・と思いました。練習のこととか、気になった仕掛けのこととか、いろいろお話してくれました。

ちなみに某DJ(男性)は「二幕は泣いてしまいましたよ~」と言っていました。

泣きはしませんでしたけど・・・

でもよかった。楽しい ストーリーではないけど、ミュージカルって、映画とは違う、躍動感のある、とても心動かされるものなんだなぁ・・・ということがわかりました。

もう1回見てもいいかな・・・(ちび太)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月15日 (土)

Mary J.Blige

Mary なんてカッコイイ!前から気になっていたんだけど、Mary J.Blige  最高にカッコイイじゃないか。今まで聴かなかったことを反省。

近くにできたtsutayaはかなりの品揃え。Jazz,R&B,Hip Hop,Latinなどそろってる。嬉しい!しかも、試聴できるようになっていて(レンタルするのに試聴だなんて)ゆっくりとソファに座って聴ける。

一緒に借りた Franz Ferdinadoもいいじゃないの。上原ひろみはTVでライブを観たことがあったのだけど、これもまたスゴイ、うまい!どれもお勧め。

と、いうわけで2日間のお休みは、録画して見ていなかった映画とCD三昧で時間が過ぎていくのであります。甘い嘘というフランス映画を観た。私の大好きなJean Huges Anladeが主演。ミステリー仕立ての、破滅に向かっていく男女のラブロマンスです。

Angladeもうこのジャン・ユーグ・アングラートは破滅とか退廃とかが似合うのね。 Betty Blue なんか、もうたならないもの。情けないところが素敵、、みたいな。

と、いうわけで現実逃避している(ぴの)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々 Part2

前の会社の先輩とご飯を食べに行きました。

宮崎から、またしばらくこっちにいるらしく、マンスリーマンションでの生活だそう・・・。

前の会社は美容関係だったせいか、20代前半の娘がほとんどで、私も一緒になってアホなことばっかり言って毎日過ごしてましたが、仕事に関しては、最近では貴重なくらいみんな責任感が強く、数字に対してもガッツのある人ばかりでした。

その中で、今日一緒に飲んだ先輩は、年も近く波長があったので、今でも時々連絡を取っています。

私が去った後も、入れ替わりの早いこの業界でみんなしっかりがんばっているらしく、業績もまずますのようで、うれしいです。

もっと、お店にお客さんを紹介したいと、思ってるけどなかなか自分の毎日でいっぱいで、力になれてません。(あ、ロンツを連れていった・・・か)

が、しかし「紹介の前にお前が来い」と言われてる始末・・・。そうですね、まったく自分を磨いておりません。いまやマメと子豚兄弟なんぞ言って、喜んでる・・・。こうなったら人の力でも、機械の力でも借りて痩せるしかないか・・・?だって食べる楽しみは我慢できませんものね。(ちび太)

| | コメント (1153) | トラックバック (74)

2006年4月14日 (金)

ルート66

友人がアメリカ大陸横断の旅に行ってきた。 Chicago  から Los angeles まで、ルート66を車で10日間。

6610日ではとても足りないルートだったかもしれないけれど、日本で普通にサラリーマンをしていると休みもなかなか取れず、うらやましい!旅。1日600kmを走ったそうです。

ちょうど先日TVで、中村雅俊がルート66を車で走るという番組があり、興味津々で見たのですが、今はこの「ルート66」は地図上では存在しない、というのを知りました。どうりで、彼の旅行中地図を見たのですが、探せなかったはず。ひとつ賢くなりました。

そして、ルート66には、バグダッドカフェの存在も。バグダッドカフェは私の好きな映画。もう、15年くらい前に見てストーリーもうろ覚え。でも、とても魅かれる映画でした。ルート66にほんとに存在していたなんて知らなかった。ちょっと感動。

さて私たちも、1週間誰かが休んでも、ちゃんと機能するような、リフレッシュ休暇が10日間、なんて会社にしたいものですね。 (ぴの)

| | コメント (134) | トラックバック (1)

2006年4月12日 (水)

Music complexの今

4月になって初登場のまるふです。こんにちわ。
3月中に記事をあげた覚えもないですが…あはは。

さて、Music complexですが、様々な困難を乗り越えて順調とはいいきれないながらも進行しております。
なんとも歯切れの悪い言い回しは察しておくれ、ですよ。
形のないMusic complexに少しずつ形を与えるため、自主興行イベント開催を企画中。イロイロな業界のイロイロな人の協力を得るための営業活動も同時進行です。
発表できるタイミングが来たらうちの公式HPとココでお知らせします。お楽しみに。

そんな感じでやる事たくさんあるけれど、モチベーションが上がらない…。
予算ください>ボス

まるふ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4月になって

060131_153702 もう、10日も過ぎてしまいました。3月は、4月の人事異動のウワサや何かで落ち着かなかったのですが、なんてことはない、、フタをあけてみれば、特に目立った異動もなく肩透かし。

まあ、人事担当の私ですら、むむむっ!となんともいえない春を迎えてしまいました。会社ってこんなものよ、なんて、オトナな思考回路を持ち合わせていないので、いろんな思いを抱えつつ仕事をする毎日です。

まあ、それはそれ。新入社員も入り、ああ若いって素直ねえ、新鮮ねえ、とちび太と遠い昔を思い出しながら仕事をしています。(私たちにもそんなときがあったのだよ、まるふ君、あっ、同世代にしてゴメン、ちび太)

そうか、卒業したばかりの新人というのは、こんな効果があるのよね。昔、私がピチピチOLで入社したとき、40歳手前の所長が、「フレッシュな風を吹き込んでくれ」なんてクサイせりふを言ったのは、このことだったのね。。。。納得。  (ぴの)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月11日 (火)

久々の取材

3ヶ月ぶりくらいにニュースの取材を受けました。

広島の某テレビ局の企画コーナーで、広島で次々に閉鎖が決まっていく、コンサートホール。文化都市として広島はこの先どうなってしまうのか・・・?という内容。福岡のホール運営移行の成功(?)事例として我社を紹介・・・というもの。

■なぜ運営を引き継ごうと思ったか

■引継ぎ後、どこを変えたか。どう変わったか。

などなどをボスへインタビュー。

ホールに来ているお客さんへのインタビューもありました。この日は「ディズニーミュージカルくまのプーさん」。小さい子供連れの若いファミリーが多かったので、「福岡出身のミュージシャンと言えば?」などのインタビューもスムーズに進んでいたようです。

取材クルーは、他にも市内のホールの外観を撮影に行って、また戻ってきてなど、行ったりきたり、大変そうでしたが、お土産に明太子をたくさん買ってうれしそうでした。

その日の内に新幹線で広島へ戻ったのですが、すぐにお礼のメールがきました!

『・・・・略
~仕事ができて細かな気配りもできる・・・若い方ではそんなにいないと思います。
本当に楽しく効率よくお仕事できました。
社長にもよろしくお伝えください。

おかげさまでロケがスムーズにいき、帰りの新幹線に十分間に合いました! ~』

まぁ~!なんてお褒めの言葉でしょう!!

「若い方ではそんなにいないと思います」とは何ともビミョーだが・・・

なかなか、結果や効果がすぐ出ない仕事なだけに、スムーズに取材ができたと言われることは、社交辞令だとしても、素直に嬉し~い!

当たり前のことをしただけなんですけどね。これからも取材依頼は、いいことも、悪いことも断ることなく、できる限り受け、オープンな企業であろうと誓う・・・ちび太でした。

あ、今日雨が降っているのに、どこかに傘を忘れてきました。地下街に降りて地下鉄に向かっているときまで持っていたはず・・・。

まったく記憶がありません。はぁ~・・・    (ちび太)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

リバティーン

Rivertin 私が映画を見るのは、好きな監督、気になる俳優、ミニシアター系が主。この人が出ていたら見てみようか、、と思う一番はジョニー・デップかもしれない。好きな顔でも何でもないんだけど、彼の出ている作品ってはずれがないような気がする。で、リバティーンを見た。

破滅型のオトコが似合うわねえ。「フロム・ヘル」となんとなく似ていた。破滅型。でも、映画自体はなんというか、、、ん~、、、ジョニーが美しい、とオフィシャルサイトに書いてあったが、もう40を過ぎているし、そこまで美しいとは思えなかった。ストーリーもちょっとわかりにい。時代背景も悲しいかな、勉強不足で???

Photo_11きれいだったのは、「ショコラ」。ジュリエット・ビノシュ主演(彼女も大好きな女優、見てみようと思わせる。)ストライプのシャツから素肌につけた細身のネクタイを無造作に出している姿に惚れてしまった。

これはお勧めの素敵な映画なので、皆さんどうぞ。

映画館はまだまだ春休み。ガキんちょ向けのアニメでいっぱい。これが終わると、いい映画が集中する、夏休みまでね。毎年、子供たちの休みの時期はいい映画がかからないのだけど、最近はそれに加え、おば様がたの韓流映画に押され、いい映画の上映が減っているのではないかと心配(もちろん素敵な韓国映画もいっぱいあるのだけど、韓国映画というだけでかかっている駄作も多いような気がしないでもない。。)    (ぴの)

| | コメント (259) | トラックバック (1)

2006年4月 5日 (水)

やってしまった!!

初歩的ミス・・・

それも広報としてかなり恥ずかしい・・・

リリースをFAXで一斉送信した後、メール希望の記者さんに同じものを添付して送っています。

先日、ある新聞社の文化部の記者さんから、

「いつもありがとうございます。今度お食事でもいかがですか」

というメールをいただきました。

まぁ、どうしましょう?ミュージック コンプレックスのこともあるし、文化部の方だし、最近取材で知り合った方だし・・・これはこちらにご招待して、うちのレストランの良さを知っていただかなくては・・・

などなど思い、ボスに

「どうしましょう?こちらにご招待したほうがよいのでしょうか。」

と付け加え、メールを「転送」・・・。「送信」カチッ

あ゛っ!!

「返信」してしまった・・・

「いかがですか」と誘ってくれた相手に「どうしましょう?」と送ってしまった。

ヤバイ。相当ヤバイ。

これは、もう招待しないわけにはいかなくなりました。ボス交際費をください。

すぐさま

間違えました。すみません。上司に、一度○○さんを当ホテルの展望レストランにご招待しましょうかというメールを送るつもりが、間違えてしましました。大変失礼いたしました。 改めてまた、ご連絡させていただきます。」

送ったのですが、笑われていることは間違いありません。

仕事って楽しい・・・。 (ちび太)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

お花見

イベント好きです。

誕生日・クリスマスに始まり・・・豆まき、お彼岸まで・・・。

季節ごとに何かと理由をつけてパーティをします。

そう、今はお花見!先週末お天気が悪かったのと、明日からまた雨と聞いたので、ならば今日しかない!食べ物は、今年はコンビニとスーパーで・・・。一旦家に帰りマットとクーラーボックスにビールと、おしぼりと、ランタンとipodのスピーカーに電池を入れて・・・

完璧!

Photo_10

初めは、サラリーマンの3人組と、何時からやってるのか、バーベキューまでやっていたような団体さんがいましたが、すぐ帰っていまい私達だけ。

ゴロンと寝ころがって、空いっぱいに広がる桜を見ながら飲むビールはサイコーでした。(ちび太)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

deracine

ライブに出かけた。東京に住む娘が福岡時代から親しくしていた友人がCDデビューをした。福岡でライブをすると聞き、面識もないのにライブに行ってみた。おそるおそる。

やっぱね。西新のjajaというライブハウス。狭くて暗い、若い子が集まる空間。。。。うっ、場違いだ、どうしよう、と思ったがせっかく来たので入場する。

Deracine バンドの名はderacineその友人のコレヒコくんの7.8年前のチラッと見た写真を頼りに探す。すぐに発見(というのも美形だからだ)歌い始めると絶叫する姿は、その美しい外見からは想像がつかない。絶叫する姿も美しい!

ん~。私の中にはない音楽だった。なんか、昔々聴いた実験音楽のような。なんかよくわからない歌詞、ギターも彼も絶叫する。でも心地よかった。のでCDを買った。よくわからないものを聴く、というのも最近にはない快感。ホームページで試聴できます。皆様もぜひ。  (ぴの)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

4月です

4月1日です。

我社にも新・入・社員がきました。フレッシュです。なんだかこっちの気分も引き締まります。私はここ数年そういう4月1日を迎えてなかったので、忘れてました。

しばらくは、素敵な先輩でいられるよう、お行儀よくしたいと思います。

オヤジと言われて、早10年のちび太なのでした~。(ちび太)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »