« ウルフルズ  | トップページ | 異業種交流会 »

2006年5月22日 (月)

ナイロビの蜂

D0029761_9563930 原題は Constant gardener ん、こっちの方がしっくり来ますね、あたりまえだけど。邦題のほうは、とても社会派って感じですもん。

社会問題を扱っているし、サスペンスでもあるんだけど、究極の恋愛映画でもあるような映画でした。レイフ演じるジャスティンは、いろんな事から逃げるように植物を育てているのか、本当の姿を見ずに淡々と日々を送る。彼とは対照的に妻のテッサは本音で生きる、、だから魅かれあったんでしようね。で、原題が生きる気がする。

イングリッシュ・ペイシェントで、レイフ・ファインズに惚れてしまったんだけど、この映画も同じ趣。はっきりしろ!と言いたくなるような男なのに、それがまた素敵。こういう役が似合うのか、彼が演技するからこういう男にできあがったのか、わからないけど。レイチェル・ワイズは、スターリングラードでの演技がとても印象的で、好きになった。気になる女優のひとり。

なかなか好きな映画でした。  (ぴの)

|

« ウルフルズ  | トップページ | 異業種交流会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33039/1894763

この記事へのトラックバック一覧です: ナイロビの蜂:

» rqpftblg [rqpftblg]
rqpftblg [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 16時32分

« ウルフルズ  | トップページ | 異業種交流会 »