« Angela | トップページ | 九州国立博物館 »

2006年6月 2日 (金)

間宮兄弟

Banner_official 間宮兄弟 いやあ、おもしろかった。森田芳光ワールド。女にもてないし、ダサイし地味だけど、誠実に楽しく自分たちの価値観を守って暮らす兄弟の日常を描いた、心温まるクスッとおかしな映画です。

お笑いはあまり見ないんだけど、ドランクドラゴンは好きで。。今回、塚地がとてもいい。佐々木蔵之介も大好きな俳優さん。ルックスでいうと、こんな兄弟ありえないって感じだけどね。

とにかくセリフがおかしくって、映画館はクスクス笑いでいっぱい。森田監督は家族ゲーム(古い!)が印象的で、あの時はハードボイルドな松田優作がみごとに脱皮、おかしなキャラクターを演じてた。今回は、どちらかというと渋い役だったり、影のある役を演じる佐々木蔵之介がおかしい!塚地は最高だし。沢尻えりか、常盤貴子と、このふたりもいい味。キャスティングがうまいよねえ。

ぜひお勧めの一本です。 (ぴの)

|

« Angela | トップページ | 九州国立博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33039/2039805

この記事へのトラックバック一覧です: 間宮兄弟:

» 毒のなさが良さでもあり、欠点でもある「間宮兄弟」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 先週末、見損じた映画「間宮兄弟」(森田芳光監督、江國香織原作)をきょう、ようやく京都シネマで観てきた。時折、笑えるシーンがあるものの、全体として平板で、やや盛り上がりに欠ける印象を否めない。おそろしく仲のよい30代の男兄弟というのが、ちょっと気持ち悪く....... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 23時48分

« Angela | トップページ | 九州国立博物館 »