2006年7月16日 (日)

山笠

06010 生まれてからほとんどを博多で暮らしているのに、やっと今年「山笠デビュー」

もうさんざんTVで見てるし、地元にいるので新鮮さも感じてないし、でも、このまま見ずに死んでしまうのももったいない!と思い、自転車をこいで見にいったのです。

いいね、生で見るのって。粋のイイおにいさん、かなり疲れて走ってるオジサン、こけて大泣きしている男の子、少年たちのカワイイお尻。うらやましかったね、オトコだったら血が騒いで絶対山のぼせになってる気がする。 博多の男の熱い15日間、今日はみんな脱力して寝てるんだろうな。

さて、来年はもっといい場所で見学いたしますか。 (ぴの)

| | コメント (68) | トラックバック (134)

2006年5月28日 (日)

異業種交流会

Flyday_club 金曜日のボス主催で行われれた異業種交流会。

これは、友人が会場からの眺めをケイタイで撮った1枚。顔を写してないのが憎らしい。

異業種交流会は苦手な私だが、ボス主催のパーティは楽しい人たちが多く、話も弾む。最近は私とちび太は常連。まあ、半分仕事だけどね、特にちび太は。今回も、新聞社、TV等マスコミ関係の人も多く、ちび太はひとりMusic complexの宣伝マンとなっていた。ごめんね、私は受付をした後はただの酔っ払いでした。

この後2次会、3次会と流れて、ほぼ朝に近い時間まで飲んで、せっかくの次の休みの日は一日睡眠。   (ぴの)

| | コメント (429) | トラックバック (48)

2006年4月23日 (日)

最近のみんな

Stage24月は我がコンサートホールは催し物が目白押し、今日はマーチングバンドの演奏会。ホテルでは婚礼も行われ、人がいっぱい。

だからかなあ、忙しいのかなあ、ブログ書かないしコメントもない。。。と、ほんとの理由は「飽きっぽい」からだと読んでいる。このブログのメンバー、年齢・経歴がバラバラなんだけど、共通点は「飽きっぽい」ことにある、と私は勝手に思っている。苦手なのは、ルーティンワーク。欲しいのは、おもしろい仕事、刺激的な日々、そして新しいものが大好き。あっ、「うぉーくまん」だけ飽きっぽくないかもね。

ところで今、ミュージックコンプレックスのメンバーは、8月の自主イベントに向けて奔走中と聞いております。まさしく、おもしろい仕事ですね。ルーティンワークをこなしながらの日々、オツカレサマでございます。私も、その日を楽しみに地味にルーティンワークの日々を過ごします。

ところで私もipodデビューをいたしました。nanoだけどね。楽しい!これで、道々音楽を楽しみながら通勤できるというもの。  (ぴの)

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2006年4月15日 (土)

Mary J.Blige

Mary なんてカッコイイ!前から気になっていたんだけど、Mary J.Blige  最高にカッコイイじゃないか。今まで聴かなかったことを反省。

近くにできたtsutayaはかなりの品揃え。Jazz,R&B,Hip Hop,Latinなどそろってる。嬉しい!しかも、試聴できるようになっていて(レンタルするのに試聴だなんて)ゆっくりとソファに座って聴ける。

一緒に借りた Franz Ferdinadoもいいじゃないの。上原ひろみはTVでライブを観たことがあったのだけど、これもまたスゴイ、うまい!どれもお勧め。

と、いうわけで2日間のお休みは、録画して見ていなかった映画とCD三昧で時間が過ぎていくのであります。甘い嘘というフランス映画を観た。私の大好きなJean Huges Anladeが主演。ミステリー仕立ての、破滅に向かっていく男女のラブロマンスです。

Angladeもうこのジャン・ユーグ・アングラートは破滅とか退廃とかが似合うのね。 Betty Blue なんか、もうたならないもの。情けないところが素敵、、みたいな。

と、いうわけで現実逃避している(ぴの)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々 Part2

前の会社の先輩とご飯を食べに行きました。

宮崎から、またしばらくこっちにいるらしく、マンスリーマンションでの生活だそう・・・。

前の会社は美容関係だったせいか、20代前半の娘がほとんどで、私も一緒になってアホなことばっかり言って毎日過ごしてましたが、仕事に関しては、最近では貴重なくらいみんな責任感が強く、数字に対してもガッツのある人ばかりでした。

その中で、今日一緒に飲んだ先輩は、年も近く波長があったので、今でも時々連絡を取っています。

私が去った後も、入れ替わりの早いこの業界でみんなしっかりがんばっているらしく、業績もまずますのようで、うれしいです。

もっと、お店にお客さんを紹介したいと、思ってるけどなかなか自分の毎日でいっぱいで、力になれてません。(あ、ロンツを連れていった・・・か)

が、しかし「紹介の前にお前が来い」と言われてる始末・・・。そうですね、まったく自分を磨いておりません。いまやマメと子豚兄弟なんぞ言って、喜んでる・・・。こうなったら人の力でも、機械の力でも借りて痩せるしかないか・・・?だって食べる楽しみは我慢できませんものね。(ちび太)

| | コメント (1153) | トラックバック (74)

2006年4月14日 (金)

ルート66

友人がアメリカ大陸横断の旅に行ってきた。 Chicago  から Los angeles まで、ルート66を車で10日間。

6610日ではとても足りないルートだったかもしれないけれど、日本で普通にサラリーマンをしていると休みもなかなか取れず、うらやましい!旅。1日600kmを走ったそうです。

ちょうど先日TVで、中村雅俊がルート66を車で走るという番組があり、興味津々で見たのですが、今はこの「ルート66」は地図上では存在しない、というのを知りました。どうりで、彼の旅行中地図を見たのですが、探せなかったはず。ひとつ賢くなりました。

そして、ルート66には、バグダッドカフェの存在も。バグダッドカフェは私の好きな映画。もう、15年くらい前に見てストーリーもうろ覚え。でも、とても魅かれる映画でした。ルート66にほんとに存在していたなんて知らなかった。ちょっと感動。

さて私たちも、1週間誰かが休んでも、ちゃんと機能するような、リフレッシュ休暇が10日間、なんて会社にしたいものですね。 (ぴの)

| | コメント (134) | トラックバック (1)

2006年4月12日 (水)

4月になって

060131_153702 もう、10日も過ぎてしまいました。3月は、4月の人事異動のウワサや何かで落ち着かなかったのですが、なんてことはない、、フタをあけてみれば、特に目立った異動もなく肩透かし。

まあ、人事担当の私ですら、むむむっ!となんともいえない春を迎えてしまいました。会社ってこんなものよ、なんて、オトナな思考回路を持ち合わせていないので、いろんな思いを抱えつつ仕事をする毎日です。

まあ、それはそれ。新入社員も入り、ああ若いって素直ねえ、新鮮ねえ、とちび太と遠い昔を思い出しながら仕事をしています。(私たちにもそんなときがあったのだよ、まるふ君、あっ、同世代にしてゴメン、ちび太)

そうか、卒業したばかりの新人というのは、こんな効果があるのよね。昔、私がピチピチOLで入社したとき、40歳手前の所長が、「フレッシュな風を吹き込んでくれ」なんてクサイせりふを言ったのは、このことだったのね。。。。納得。  (ぴの)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 4日 (火)

お花見

イベント好きです。

誕生日・クリスマスに始まり・・・豆まき、お彼岸まで・・・。

季節ごとに何かと理由をつけてパーティをします。

そう、今はお花見!先週末お天気が悪かったのと、明日からまた雨と聞いたので、ならば今日しかない!食べ物は、今年はコンビニとスーパーで・・・。一旦家に帰りマットとクーラーボックスにビールと、おしぼりと、ランタンとipodのスピーカーに電池を入れて・・・

完璧!

Photo_10

初めは、サラリーマンの3人組と、何時からやってるのか、バーベキューまでやっていたような団体さんがいましたが、すぐ帰っていまい私達だけ。

ゴロンと寝ころがって、空いっぱいに広がる桜を見ながら飲むビールはサイコーでした。(ちび太)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

4月です

4月1日です。

我社にも新・入・社員がきました。フレッシュです。なんだかこっちの気分も引き締まります。私はここ数年そういう4月1日を迎えてなかったので、忘れてました。

しばらくは、素敵な先輩でいられるよう、お行儀よくしたいと思います。

オヤジと言われて、早10年のちび太なのでした~。(ちび太)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

泣きそう・・・

今朝、イヤ~な気持ちになる記事を見つけてしまいました。

少年3人、ウサギ蹴り殺す サッカー遊び「面白半分やった」

内容は時々ある動物虐待です。毎回この手の弱い者が対象になる事件は、本当に悲しくなりますが、今回はそのウサギを飼育していた小学校の子供たちも可哀相で・・・。

ウサギがいなくなってから、手作りポスターを周辺に貼ったり、先生から「いつかは帰ってくる」「どこかで飼われている」と励まされながら・・・必死に探したらしい・・・。

今回少年3人が動物愛護法違反で逮捕されて、ウサギが「帰ってこない」ことも「どこで飼われていない」ことも子供たちにわかってしまいます。きっと知らなくてもいい、惨い事実まで知ってしまいます。

身近な死という体験も、命の大切さを知るためには、必要なことだと思うけど、こんなは知りたくない。

(ちび太)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧