2006年7月17日 (月)

久保田のライブと「フォッサマグナ」

今月は脱力してて何も遊んでないなあ、と書いた後で思い出しました。久保田利伸のライブツアー*福岡国際センターに行ってきたのでした。

もう20年位前にデビューしたとき、ファンキーな歌だとファンになり、京都に住んでいた頃、大阪城ホールのライブに行きました、上手かった!あの頃には斬新な曲で歌声で、まだまだ日本ではそんなに多くの人からは受け入れられてなかった気がします。で、3年前、やはり国際センターへ。やっぱ上手い!で、またついつい出かけてきました。上手い!

でも、ちょっと飽きちゃった。全国ツアー初日のせいか、イマイチ変な間があいて、ときどきだるかったのが正直な印象。ちょうど日本沈没を控えていて、少し曲を披露してくれました。ちょうど翌日TVで曲を聴くことができて、、、上手い!デュエットの韓国の女の子が上手い!ハーモニーも素敵でやはり久保田っていいなあ。

「日本沈没」といえば、私が中学生の頃ヒットした映画。あの頃社会科で「フォッサマグナ」を習っていて、先生がしきりに日本は沈没する可能性があるかないか、なんて授業中熱弁をふるっていたのを思い出します。30年以上も前なのに、人間ってヘンなものを覚えてるよねえ。観にいこうかな、、、   (ぴの)

| | コメント (363) | トラックバック (146)

Music Complex 2006

Musiccomp3 そろそろ。ここに紹介しちゃってもいいでしょう。

前に「まるふ」君が紹介していた、私たちが働く場所で行われるイベント Music complex 2006

まるふクンを始め、ちび太、まめ、うぉーくまん、そしてここには登場していないけど、ホールの裏支配人みすみっすクン達が日夜残業を繰り返し、家庭を顧みず仕事人間と化して、ここに至ったイベントです。

この博多湾岸に位置する西日本最大のホールをプロだけに占領させてはつまらない、と福岡市に拠点を置くアマチュアやセミプロのアーティストに呼びかけて、いよいよ始動! 8月18日に初のイベントを行います。 興味のある方はぜひサイト→Music complex 2006を覗いてね。

(ぴの)

| | コメント (473) | トラックバック (60)

2006年5月16日 (火)

ウルフルズ 

5月8日の福岡でのライブに行ってきました。私のいる事務所からは目と鼻の先、というか職場。仕事が終わって直行。

特にファンでもなく、友人が行くからなんとなく行ったライブ。で、盛り上がってしまいました。最高でしたねぇ。もちろんヒット曲は知っているし、トータス松本は好きでしたが、これほど自分で盛り上がるとは思ってませんでした。よかったあ。

Urufuls ウルフルズの歌って、真っ直ぐ!な感じがたまらなくいいですね。真っ直ぐに、「お前が好きだ!」なんて、長年忘れていた感覚のような、、、。真っ直ぐで、飾らなくて、男気があって、かわいくて、メンバーみんなが楽しそうで。これぞライブだぁ、という感じでした。

とにかく楽しい!ライブでした。サンキュー、ウルフルズ。   (ぴの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

Mary J.Blige

Mary なんてカッコイイ!前から気になっていたんだけど、Mary J.Blige  最高にカッコイイじゃないか。今まで聴かなかったことを反省。

近くにできたtsutayaはかなりの品揃え。Jazz,R&B,Hip Hop,Latinなどそろってる。嬉しい!しかも、試聴できるようになっていて(レンタルするのに試聴だなんて)ゆっくりとソファに座って聴ける。

一緒に借りた Franz Ferdinadoもいいじゃないの。上原ひろみはTVでライブを観たことがあったのだけど、これもまたスゴイ、うまい!どれもお勧め。

と、いうわけで2日間のお休みは、録画して見ていなかった映画とCD三昧で時間が過ぎていくのであります。甘い嘘というフランス映画を観た。私の大好きなJean Huges Anladeが主演。ミステリー仕立ての、破滅に向かっていく男女のラブロマンスです。

Angladeもうこのジャン・ユーグ・アングラートは破滅とか退廃とかが似合うのね。 Betty Blue なんか、もうたならないもの。情けないところが素敵、、みたいな。

と、いうわけで現実逃避している(ぴの)でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

deracine

ライブに出かけた。東京に住む娘が福岡時代から親しくしていた友人がCDデビューをした。福岡でライブをすると聞き、面識もないのにライブに行ってみた。おそるおそる。

やっぱね。西新のjajaというライブハウス。狭くて暗い、若い子が集まる空間。。。。うっ、場違いだ、どうしよう、と思ったがせっかく来たので入場する。

Deracine バンドの名はderacineその友人のコレヒコくんの7.8年前のチラッと見た写真を頼りに探す。すぐに発見(というのも美形だからだ)歌い始めると絶叫する姿は、その美しい外見からは想像がつかない。絶叫する姿も美しい!

ん~。私の中にはない音楽だった。なんか、昔々聴いた実験音楽のような。なんかよくわからない歌詞、ギターも彼も絶叫する。でも心地よかった。のでCDを買った。よくわからないものを聴く、というのも最近にはない快感。ホームページで試聴できます。皆様もぜひ。  (ぴの)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

i-pod

「ちび太」がi-podを買った。いや、最愛の旦那様からのプレゼントである。「まるふ」も持ってる。うちの「ボス」も当然持ってる。回りの若いスタッフも皆i-podみたいなものを持っている。

欲しい!人が持っているものには、そんなに興味のない私だけれど、欲しい。。。自宅に「光」が入るため、しばらく切っていたネットを復活することにした。で、PCを繋ごうとしたら、PCが壊れ?てる。まあ、meだし、液晶じゃなくてデカいし、、、買うことにした。dellの一番安いモデル。これでも私には上等!

ってなると、ついでにi-podが欲しい。自転車通勤だし、たまにはダイエットのため歩いて通勤するし、、、ねえ、手持ち無沙汰なんだよね。って、なんか物を買うときに言い訳するのは、古い時代の人間だからなのかしら。   (ぴの)

| | コメント (1) | トラックバック (12)

2006年2月12日 (日)

サディスティックミカバンド (ぴの)

再々結成しているらしい。ヴォーカルは木村カエラ。

17年前の再結成時のヴォーカルは桐嶋かれん、、、カエラと雰囲気が似ている、、あのロックオジサマたちはこのタイプが好きなのか?!

ミカバンドといえば、日本のロックの創始者みたいなもんだ。加藤和彦、高中正義、高橋幸宏、小原礼、、、高橋はその後、坂本龍一やはっぴいえんど(松本隆とかいたのよねえ、、確か)の細野晴臣とYMOを結成するし、高中はソロで活動するし。70年代の日本のロックシーンを変えたミュージシャンたちだ。

私は高校2年の時、体育祭のチアガールをやった(うぁぁぁ、恥ずかしい)。その時の曲がミカバンドの曲。どう考えても、チアの曲ではないんだけど、ロックに萌えてた男の子たちが、応援団をつとめたものだから不思議な選曲になってしまい、、まあ、そんな一風変った学校だったんだけど、、、

で、ミカバンドのツアーのうわさ。もし、ツアーをするなら、規模を考えるとここのホールだ。たぶん、ここだ。ここであってほしい!ツアー情報待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

ジョン・レノン (ぴの)

先月、三越で開催された「ジョン・レノン写真展」に出かけた。

John私の音楽の出発点はBeatlesだ。中学2年生の時にクラスの男の子たちがなにやら洋楽の話で盛り上がっていて、それがBeatlesの「Hey Jude」だった。(今思えば、この盛り上がっていた中にうちのボスがいた。)すぐに、はまった。解散して一度目のブームの頃だと思う。私のアイドルはGeorgeだった。とにかく夢中になり、Georgeに会いにイギリスに行く!と思い込み、おかげで英語だけは成績バツグン。まあ、カワイイもんだよね。

それからBeatlesを聴き続け、高校生になって、British Rock, Progresive Rock と幅が広がり、高校を卒業する頃にはJazzを聞いていた。その頃は郷ひろみや西城秀樹なんかが全盛だったが、私はアイドルなんぞは鼻で笑っていた。Deep Purple や Crimson King を聴いていた私にはチャンチャラおかしくて聴くに耐えなかったんだもんね。

同じ頃、福岡は「日本のリバプール」と呼ばれ、音楽喫茶「照和」からチューリップや甲斐バンドが東京に進出していった。アイドルをバカにしていた私もさすがにフォークは聴いた。その時代に福岡にいたことを幸せに思っていたうちのひとりだ。

そんな環境で育った私だから、この場所が福岡の音楽情報の発信地になれば素敵だと思う。

一緒に写真展を見に行った彼女とは高校の頃のBeatles仲間だ。彼女もバツイチで、バリバリ仕事をして、いまでもコンサートに一緒に行く。定年後はふたりでリバプール・ツアーをしようと企んでいる。ところで、Johnは、かっこよかった。彼が死んでしまったときには少なからずショックだったけれど、その彼の年齢もいつの間にかすっかり超えてしまったことに気がついた。ビミョー。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

新しいコト(まるふ)

午後からヴァンズエンタテイメントさんと打合せ。
先日顔合わせ済みのF川さんから、エグゼクティブ プロデューサーのK須さんを紹介して頂いた。

その風貌(一見するとヤ○ザっぽい…)からは想像しにくい物腰のやわらかさにビックリしながらも、今の音楽業界に対する希望と不満、今後の展望など、有益な情報の交換をさせてもらった。
これから取り組む「音楽マーケット開発」に対する賛同も得られた(ココが一番のキモだもんね)。というコトで一安心。

せっかくの財産である大ホールも使わなければ宝の持ち腐れ。逆にホールのみに依存した事業展開では将来は暗い。ブランドに胡坐をかいている時代はもう終わり。
新しいコト初めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

音楽マーケット開発プロジェクト(ぴの)

まるふクン、おめでとう。新規プロジェクトのリーダーですね。っていうか、カミングアウトってとこですね。ボスのもとで、しっかり働いてください。

もともとこの施設は、西日本最大のホール。そして福岡はかつて「日本のリバプール」なんていわれた場所。今もたくさんのアーティストを輩出している。ミーシャ・椎名林檎・氷川きよし、あゆ、古くはチューリップ・海援隊・甲斐バンド、ジャズも盛んだし、きりがない、、、これからの可能性も秘めている。

最近は、ZEPPにACROSなどのホールやライブハウス。たくさんの箱ができたけど、音楽って決して「箱物」ではないし、人が集まれば音楽がある。それに今はネットの時代。世代や言葉の壁も超えられる。

楽しいことができて、集まって、発信して、そんな施設、会社、うーん硬いなあ。。。音楽電脳集団をめざしましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧